カスタム タンドラ

エムズオートではFJクルーザーをはじめ4ランナーやタコマ等のUSトヨタ逆輸入車のカスタムRVやSUVを販売しております。
ノーマルではラインナップされていないフルブラックボディへの塗装作業やリフトアップパーツ・オリジナルステンレスマフラーやアルミホイール等の各種ドレスアップカスタムを得意としております。もちろんベース車はエムズオート全店の共通スピリットである「程度の良さ」を重視し粗悪車等は一切使用いたしません。また専任の「メイクアップデザイナー」によるドレスアップカスタマイズのセンスの良さにも自信があります。
ぜひ一度M's Auto Mobile Serviceの Full Complete(完成度の高さ)をご自身の目でお確かめください。

US TOYOTA TUNDRA

US TOYOTA TUNDRA
US TOYOTA TUNDRA

タンドラ(Tundra)は北米トヨタが販売するトヨタ自動車のフルサイズピックアップトラック。
日本から輸出されていたT100の後継車として1999年に登場。 T100同様日野自動車が開発を担当、北米インディアナ工場(TMMI)が生産した。車名はツンドラからとられた。タンドラとプラットフォームを共有するフルサイズSUVトヨタ・セコイアがある。
エンジンは1GR-FE型 4.0L V型6気筒エンジンと2UZ-FE型 4.7L V型8気筒エンジンの2種類で、組み合わされるトランスミッションは6速MTおよび5速ATである。
T100やタコマと同様、リアにはトヨタマークが使われておらず、テールゲートには「TOYOTA」とアルファベットで記されている。
T100よりは大型化したが、ビッグスリーを不必要に刺激しないよう、それらのフルサイズピックアップトラックよりも、寸法、排気量共にやや小さめに作られており、販売面で不利となった。
NASCAR・クラフツマントラックシリーズ→キャンピング・ワールド・トラック・シリーズに2004年から参戦しているトヨタチームのベース車種としても使われている。
2006年2月、今の現行モデルがシカゴモーターショーでプロトタイプ展示。ビッグスリーのフルサイズピックアップトラックと真向勝負するため、
ボディとエンジンの排気量が拡大された。
米国テキサス州・サンアントニオに建設したテキサス工場(TMMTX)で2006年11月17日に1台目がラインオフし、この工場の所在地テキサス州の愛称から取って、ローンスター1番地と名づけられた。
現在、レギュラーキャブとダブルキャブがこのテキサス工場で生産され、クルーマックスはインディアナ工場で生産されている。テキサス工場で作られているレギュラーキャブとダブルキャブには、リアウインドウに、テキサス州の州旗をモチーフにしたステッカーが貼られており、そこには「BORN IN TEXAS, MADE BY TEXANS」(テキサスで生まれ、テキサス人によって作られた)とある。
初代に引き続き、リアにはトヨタマークが使われておらず、「TOYOTA」のアルファベットのみとなっている。(8代目カムリよりも前に登場した、北米向けトヨタ車のリアにはトヨタマークに加え「TOYOTA」の文字が併用されてきたが、8代目カムリ以降の多くのトヨタ車には、トヨタマークのみが使われている。)
2007年1月、北米国際オートショー(NAIAS)で市販モデルを展示、2月より販売開始。
エンジンは1GR-FE型、2UZ-FE型に加え、新開発のV8・5.7Lの3UR-FE型が設定された。
ライバルのビッグスリーが売り上げを落とす中、攻撃的なスタイルとハイパワーなエンジンが功を奏したタンドラの売り上げは、テキサス工場地元のサンアントニオをはじめ、アメリカでも大変人気を博したのがこの現行モデルである。
2010年モデルより4.7Lの2UZ-FE型が廃止され、4.6Lの1UR-FE型へ変更されている。

TUNDRA METAL COLLECTION
1794 METAL ON BLACK

1794 METAL ON BLACK
1794 METAL ON BLACK

ビッグマイナーチェンジにより誰もが目を奪われる程の大型フロントグリルに変貌を遂げたUS TOYOTA 2014 TUNDRA。3インチ車高調整式サスペンションによるリフトアップ、更には36インチ外径のオフロードタイヤをフェンダー内に収め、それを飲み込む迫力のワイドフェンダーボディからなる圧倒的な存在感には目を奪われる。

更にはリアビューから覗く左右リアサイド出しステンレスマフラーも上質なセンスでまとめられ、独創的なマフラーサウンドには耳までも奪われる事に間違いないだろう。

漆黒のボディにバランスよく散りばめられたメタルパーツの数々。M's CollectionのカスタムラインのひとつMetal Collectionのフラッグシップに相応しい2014 TUNDRA CREW MAX 1794 METAL ON BLACK on Debut。

TUNDRA SPORTS LINE
CROSS BORDER

CROSS BORDER
CROSS BORDER

プロレスラー蝶野正洋をイメージしたスポーツラインCROSS BORDERは黒のカリスマに相応しく3インチの車高調整式サスペンションによるリフトアップとクロームリベットが輝くオーバーフェンダーによるボディワークが35インチ径のオフロードタイヤ&20インチアルミも楽々と収める迫力のエクステリアを実現。

シルバーステッチ&フルブラックレザーのインテリアや左右サイド出しのステンレスマフラーも上質なセンスでまとめられています。