CR-V

ホンダ唯一のミドルサイズSUV

ハイブリッドモデルが新登場!

ホンダ CR-V
ホンダ CR-V

CR-VはホンダのミドルサイズSUV。今、人気のミドルサイズSUVだが、その歴史は古く初代は1995年に登場。現行モデルは5代目で、2016年北米で販売を開始。日本では2018年8月からガソリン車を、11月にハイブリッド車の販売を開始しました。
エンジンですが、、ガソリン車には、吸排気デュアルVTCを備えた直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを新搭載。専用開発のターボチャージャーにより、2.4L自然吸気エンジンに匹敵するトルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールを発揮します。
ハイブリッド車には、「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。2.0Lエンジンは新形式のLFB型で、モーターはH4型を搭載します。走行状況などに応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードを切り替え、低燃費と力強い走りを両立します。また、SPORT HYBRID i-MMD搭載車では初となる4WDとなります。
乗車定員は、5人乗り仕様に加え、歴代CR-Vで初設定となる7人乗り3列シート仕様を用意しています。
予防安全性能では、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準装備。ミリ波レーダー+単眼カメラ方式の衝突軽減ブレーキや、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなど、各機能が備わっています。

年表(5代目)